CTI-Cryogenics クライオポンプおよびコンプレッサの修理/リファービッシュ

Brooks は、CTI-Cryogenics 製品の正規メーカーです。
以下の修理/リファービッシュ サービスを提供しています。

修理プロセス

クライオポンプの修理プロセスは、当社の新製品と同等の高い出荷品質レベル、およびグローバル サービス運用に求められる応答性を兼ね備えたサービスを提供するように設計されています。これらの目標は、当社の工場と現地修理センター双方の強みを活かすことで達成されています。

新品パーツ

当社製品のオーバーホールで使用されるすべてのパーツは、新品の製造に使用されるパーツと同一です。冷凍機駆動部や冷凍機アセンブリなどの主要サブアセンブリは工場に戻され、新製品と同じ性能基準を満たすように同じプロセスを使用して再組み立ておよびテストを行います。この方法によって、オーバーホールが行われた冷凍機が新品と同様に動作することが保証されます。

コンポーネント

すべての真空コンポーネントは、修理手順に従って再利用または適切な廃棄の対象となるかどうかの検査と指定が行われます。再利用が指定されたすべてのコンポーネントは、新品の性能基準および新品同様の外観の基準を満たすようにクリーニング、リファービッシュ、テストが行われます。クリーニング プロセスとすべての廃棄物の流れは、健全な環境活動に関する法令に基づき、適切に制御および管理されます。 

最終アセンブリおよびテスト

Cryopump の最終アセンブリおよびテストは、世界中に戦略的に配置された現地修理センターで行われます。工場で訓練を受けた修理担当者は、真空コンポーネントを組み立て直すための標準手順に従うことで、世界中で使用されている広範囲のクライオポンプ モデルのオーバーホールを迅速かつ正確に完了できます。

品質およびプロセス改善

修理で同等の新品と同じ性能基準が確実に満たされるようにするため、製品およびプロセス改善がオーバーホール プロセス内に組み込まれています。すべての Brooks 修理センターは、Brooks 品質管理システムの一環として運営され、継続的改善活動プログラムに参加しています。