科学ペーパー:イノセントの保護

一時的なピッキング操作後、極低温環境(-150℃以下)に復帰した後の継続的なサンプルのウォームアップ

筆者:Julian Warhurst、John Fink、Tiffany Holmes、Matthew Albert、Bruce Zandi

はじめに:液体窒素(LN2)気相フリーザーにおける-190℃での保存は生体サンプル保存の最良の方法であることが普遍的に認められていると考えられます。本研究では、-190℃気相LN2フリーザーからのラック抽出の頻度と所要時間を定義し、返却時に許容可能な品質レベルを満たしていることが保証されるプロトコルの開発に注力しました。この研究は、フリーザーから引き出したイノセントサンプルに何が起きるかを調査しました。サンプルは、使用もされず、触れられてもいませんが、温度の上昇する環境に移動されます。これらのサンプルは、保存されている期間を通じ、数えきれないほどの回数このような移動が行われる可能性があります。移動の過程で極度の温度上昇によってサンプルが損傷しないようにすることが私たちの目標でした。

PDFのダウンロードをリクエストするには、以下のフォームに入力し送信してください。