ペーパー:次世代の生物学的リポジトリを計画する方法

検討しなければならない5つの重要な要素

筆者:Ian Pope(Ph.D.、MBA、B.Sc.)

はじめに:
世界各地で保存されている3億個を超える生体試料は-80℃以下の温度で保存され、このうちの70%は出所の情報が不足していて信頼性が損なわれている可能性があります。

このペーパーでは、適切な保存と保護の戦略が、サンプルライブラリの価値、品質、コストの差別化にいかに影響するかについて紹介します。筆者は、次世代の生物学的リポジトリの計画における5つの重大な要素(保存の目的、生物学的生存性、熱性能、環境への影響、コスト)について解説します。

PDFのダウンロードをリクエストするには、以下のフォームに入力し送信してください。