DNASUプラスミドリポジトリにおけるケーススタディ

DNASUプラスミドリポジトリ — プラスミドの保存、配布、生物学的アプリケーションにおけるBrooks BioStore™の使用

筆者:Catherine Seiler Ph.D.(DNASU、Scientific Liaison)

ケーススタディの抜粋

迅速なスループットによりDNASUプラスミドリポジトリがプラスミドの世界における「アマゾン」に

元々当センターはボストンにありました。5年前アリゾナに移転したとき、新たなストレージシステムの評価を行いました。数多くの調査を行った結果、DNASUはBrooks BioStoreの購入を決断しました。BioStoreは855,000個のサンプルを保持し、チューブ、バイアルピッカーの両方を有しています。現在、バイアルは保存されていませんが、この機能は将来、血液サンプルのような物質を保存するのに適しています。BioStoreは2010年にインストールされ、2011年にサンプルのロードを開始しました。

DNASUは、本来の研究はもちろん、世界各地の研究を促進するという哲学を実行するため、研究者がオンラインで買い物をできるようにしています。

サンプルはBrooks BioStore™内で-80℃で保存されており、要求されたプラスミドは2Dバーコードで識別し、効率的な方法で購入者の元へ自動的に配達されます。